Node.js を Mac にインストール(nodebrew の使い方)

以下は Homebrew と nodebrew を使って Mac に Node.js をインストールする方法と nodebrew の基本的な使い方の覚書です。

作成日:2020年5月11日

概要

nodebrewNode.js のバージョン管理ツールです。nodebrew を使うと複数のバージョンの Node.js を切り替えて利用することができます。

nodebrew 以外にも nodenvnvm などの Node.js のバージョン管理ツールがあります。nodenv はディレクトリごとに利用するバージョンを切り替えることができるので、そのような環境が必要な場合は nodenv などの使用を検討した方が良いかも知れません。

もしすでに Node.js がインストールされている場合は削除しておきます。

以下のコマンドで Node.js がインストールされているか確認することができます。

$ node -v  return 
-bash: node: command not found  #インストールされていない

バージョン情報が表示される場合は Node.js がインストールされているので削除します。削除方法はどのようにインストールしたかにより異なります(省略)。

以下が nodebrew を使った Node.js のインストールの大まかな流れです。

  1. Homebrew をインストール
  2. nodebrew をインストール
  3. Node.js をインストール

以下はすでに Homebrew がインストールされていることを前提にしています。

Homebrew のインストール方法と基本的な使い方は「ターミナル/Homebrew」を御覧ください。

nodebrew のインストール

nodebrew を Homebrew を使ってインストールします。以下が流れです。

  1. Homebrew を使ってインストール
  2. nodebrew をセットアップ
  3. ~/.bash_profile にパスの設定(環境変数を追加)
  4. source コマンドでシェルの設定(変更)を反映

Homebrew を使ってインストール

ターミナルで brew install nodebrew を実行してインストールします。

$ brew install nodebrew  return 
Updating Homebrew...
・・・中略・・・
==> Downloading https://github.com/hokaccha/nodebrew/archive/v1.0.1.tar.gz
==> Downloading from https://codeload.github.com/hokaccha/nodebrew/tar.gz/v1.0.1
######################################################################## 100.0%
==> Caveats(警告や注意事項という意味)
You need to manually run setup_dirs to create directories required by nodebrew:
  /usr/local/opt/nodebrew/bin/nodebrew setup_dirs(この後 nodebrew をセットアップ)

Add path:(後でパスを追加)
  export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH

To use Homebrew directories rather than ~/.nodebrew add to your profile:
  export NODEBREW_ROOT=/usr/local/var/nodebrew

Bash completion has been installed to:
  /usr/local/etc/bash_completion.d

zsh completions have been installed to:
  /usr/local/share/zsh/site-functions
==> Summary
🍺  /usr/local/Cellar/nodebrew/1.0.1: 8 files, 38.6KB, built in 4 seconds

nodebrew をセットアップ

nodebrew setup を実行して nodebrew をセットアップします。

$ nodebrew setup  return 
Fetching nodebrew...
Installed nodebrew in $HOME/.nodebrew

========================================
Export a path to nodebrew:(以下を .bash_profile に追加します)

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
========================================

パスを追加

~/.bash_profile に環境変数 PATH にパスを追加します。

以下はリダイレクト(>>)を使って .bash_profile に上記(8行目)のパスを追加しています。

vi などで直接 .bash_profile を開いて追加することもできます。

$ echo 'export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH' >> ~/.bash_profile   return 

シェルの設定を反映

source コマンドで .bash_profile を更新して設定を反映させます。

$ source ~/.bash_profile  return 

動作確認

nodebrew -help を実行して以下のようにバージョンとヘルプが表示されればインストール完了です。

$ nodebrew -help  return
        
nodebrew 1.0.1
Usage:
  nodebrew help  Show this message
  ・・・以下省略・・・

nodebrew のアンインストール

何らかの理由で nodebrew を削除する場合は brew uninstall コマンドを使います。

$ brew uninstall nodebrew  return #nodebrew を削除

そして vi などで ~/.bash_profile に追加で記述したパスを削除します。

$ cat ~/.bash_profile 
・・・中略・・・
export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH #追記した nodebrew のパスを削除

nodebrew で Node.js をインストール

以下が nodebrew を使って Node.js をインストールして使用できるようにする流れです。

  • インストール可能なバージョンを確認(省略可能)
  • Node.js をインストール
  • インストールした Node.js を有効化

バージョンを確認

ls-remote コマンドでインストール可能な Node.js のバージョンを確認することができます。

$ nodebrew ls-remote  return 
v0.0.1    v0.0.2    v0.0.3    v0.0.4    v0.0.5    v0.0.6  

・・・中略・・・ 

v13.0.0   v13.0.1   v13.1.0   v13.2.0   v13.3.0   v13.4.0   v13.5.0   v13.6.0
v13.7.0   v13.8.0   v13.9.0   v13.10.0  v13.10.1  v13.11.0  v13.12.0  v13.13.0
v13.14.0  

v14.0.0   v14.1.0   v14.2.0   

・・・中略・・・ 

io@v3.0.0 io@v3.1.0 io@v3.2.0 io@v3.3.0 io@v3.3.1 

nodebrew には以下のような一覧表示(リスト)コマンドがあります。

リストコマンド
コマンド 意味
nodebrew ls または nodebrew list インストール済みのバージョンを全て表示(current: に使用中のバージョンが表示されます)
nodebrew ls-remote リモートの(インストール可能な)バージョンを表示
nodebrew ls-all インストール済みとリモートのバージョンを全て表示(Local: にインストール済みのバージョン、current: に使用中のバージョンが表示されます)

Node.js のインストール

Node.js をインストールするには install コマンドにバージョンを指定して実行します。

nodebrew install バージョン

latest や stable というキーワードを使って最新版や安定版をインストールすることもできます

install コマンドのバージョンの指定例
コマンド 意味
nodebrew install v12.16.2 v12.16.2 をインストール
nodebrew install latest 最新版をインストール
nodebrew install stable 安定版をインストール
nodebrew install v12.16 v12.16 の最新版をインストール
nodebrew install 12.16.2 v は省略可能

以下は Node.js の現在の安定版をインストールする例です。

この時点の最新の安定版(以下の場合は v14.2.0)がインストールされます。

$ nodebrew install stable  return 
Fetching: https://nodejs.org/dist/v14.2.0/node-v14.2.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully

ls(または list)コマンドでインストールされているバージョンを確認することができます。

$ nodebrew ls  return 
v14.2.0  # 14.2.0 がインストールされている

current: none  #現在使用中のバージョン(まだ有効化していないので none)

Node.js の有効化

use コマンドでバージョンを指定して使用する Node.js を有効化します。

1つのバージョンしかインストールしていない場合でもバージョンを指定する必要があります(必須)。

nodebrew use バージョン

以下は v14.2.0 を有効化する例です。

$ nodebrew use v14.2.0  return 
use v14.2.0

install コマンド同様、latest や stable を指定することもできます。

use コマンドのバージョンの指定例
コマンド 意味
nodebrew use v12.16.2 v12.16.2 を使用(有効化)
nodebrew use latest 最新版を使用
nodebrew use stable 安定版を使用
nodebrew use v12.16 v12.16 の最新版を使用
nodebrew use 12.16.2 v は省略可能

node -v コマンドで有効化したバージョンの Node.js が確認できればOKです。

$ node -v  return 
v14.2.0

ls コマンドで現在インストールされている Node.js をリスト表示すると current に有効化したバージョンが表示されます。

nodebrew ls  return 
v14.2.0  #インストールされているバージョン(この例では1つだけ)

current: v14.2.0  #現在使用中のバージョン

Node.js をインストールするとパッケージ管理ツールの npm(Node Package Manager)も一緒にインストールされます。

以下は npm のバージョンを確認する例です。

$ npm -v  return 
6.14.4

バージョンの切り替え

nodebrew は複数の Node.js をインストールして切り替えて使用することができます。

以下はバージョン 13.14.0 を追加インストールして use コマンドを使って切り替える例です。

$ nodebrew install v13.14.0  return  #13.14.0 をインストール
Fetching: https://nodejs.org/dist/v13.14.0/node-v13.14.0-darwin-x64.tar.gz
######################################################################## 100.0%
Installed successfully

$ nodebrew ls  return #インストール及び使用されているバージョンの確認
v13.14.0
v14.2.0

current: v14.2.0  #v14.2.0 が使用中

$ nodebrew use 13.14  return  #v13.14.0 を有効化(切り替え)
use v13.14.0

$ nodebrew ls  return  #使用されているバージョンの確認
v13.14.0
v14.2.0

current: v13.14.0  #13.14.0 が使用中に変わる

$ nodebrew use latest  return  #最新版に切り替え(戻す)
use v14.2.0

$ nodebrew ls  return  
v13.14.0
v14.2.0

current: v14.2.0  #14.2.0 が使用中に変わる

不要なバージョンの削除

Node.js の不要なバージョンは uninstall コマンドで削除することができます。

アンインストールするバージョンを指定します。

nodebrew uninstall バージョン

以下は v13.14.0 の Node.js を削除する例です。

$ nodebrew uninstall 13.14.0  return  #v13.14.0 を削除
v13.14.0 uninstalled

$ nodebrew ls  return #インストール及び使用されているバージョンの確認
v14.2.0

current: v14.2.0

nodebrew のその他のコマンド

nodebrew のその他のコマンドは help コマンドで表示することができます。

または nodebrew のサイト https://github.com/hokaccha/nodebrew で確認できます。

$ nodebrew help return
nodebrew 1.0.1

Usage:
  nodebrew help                         Show this message
  nodebrew install <version>            Download and install <version>
  nodebrew compile <version>            Download and install <version>
  nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` 
  nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
  nodebrew use <version>                Use <version>
  nodebrew list                         List installed versions
  nodebrew ls                           Alias for `list`
  nodebrew ls-remote                    List remote versions
  nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
  nodebrew alias <key> <value>          Set alias
  nodebrew unalias <key>                Remove alias
  nodebrew clean <version> | all        Remove source file
  nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
  nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
  nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Example:
  # install
  nodebrew install v8.9.4

  # use a specific version number
  nodebrew use v8.9.4

以下は nodebrew 自身をアップデートする例です。

$ nodebrew selfupdate return
Fetching nodebrew...
Updated successfully