WordPress Logo WordPress のインストール

Windows のローカル環境(XAMPP)での WordPress のインストールについての覚書です(以下の例の WordPress のバージョンは 5.02 です)。

更新日:2019年02月17日

作成日:2019年01月07日

ローカル環境(XAMPP)へのインストール

WordPress を使うには、PHP が動作する Web サーバーと、MySQL データベースサーバーが必要です。以下は、ローカル環境を構築するための Webサーバー(XAMPP)へのインストール方法です。

XAMPP はすでにインストールされていることを前提にしています。

XAMPP のインストールに関しては「XAMPP のインストール方法と基本的な使い方」を参照ください。

MySQLにデータベースを用意

phpMyAdmin(MySQLを管理するソフトウェア)を開き、WordPress 用のデータベースを作成します。WordPress をインストールする際に以下の情報を使うのでメモしておきます。

  • データベース名:これから設定するデータベースの名前
  • データベースユーザー名 :root(デフォルトでインストールした場合)
  • データベースパスワード:なし(デフォルトでインストールした場合はパスワードなしですが、非推奨)
  • データベースホスト名:localhost

XAMPP Control Panel(管理ツール) で MySQL の Admin をクリックします。

WordPress のインストール

phpMyAdmin が開くので、データベースタブをクリックします。

WordPress のインストール

画面上部の「データベースを作成する」でデータベース名を指定します。照合順序は、「utf8mb4_general_ci」を選択して、データベース名はわかりやすい任意の英数字を入力します(後から変更はできません)。

WordPress のインストール

「作成」をクリックします。

WordPress のインストール

「データベース xxxx を作成しました。」と表示されたら成功です。

root パスワードの設定

XAMPP の管理画面から Apache の「Admin」をクリックして、Apache の管理ページにアクセスします。

WordPress のインストール

左メニューの「セキュリティ」をクリックします。

WordPress のインストール

セキュリティの状況が表示されます。”そのような問題をすべて修正するには、単純に次のツールを使ってください。=> http://localhost/security/xamppsecurity.php”とあるリンク(青枠)をクリックします。

WordPress のインストール

表示されるページで root のパスワードを設定することができます。また、このページで XAMPP のディレクトリ制御 (.htaccess)を設定することもできます。

WordPress のインストール

WordPress のダウンロード

以下の WordPress 公式ページからパッケージをダウンロードします。

https://ja.wordpress.org/download/(ダウンロードページ)

以下のようなダウンロードのボタンがあるのでクリックして、パッケージ(この例では、wordpress-5.0.2-ja.zip)をダウンロードします。

WordPress のダウンロード

現時点(2019年1月2日)での推奨環境は以下の通りです。

  • PHP バージョン 7.2 以上
  • MySQL バージョン 5.6 以上 または MariaDB バージョン 10.0 以上

ファイルの配置

ダウンロードしたパッケージは圧縮ファイルとなっているので解凍すると「wordpress」と言うフォルダが作成されます。以下はデスクトップに解凍した場合の例です。

WordPress のインストール

XAMPP の場合ドキュメントルート htdocs(例:C:\xampp\htdocs)の直下に解凍したフォルダ「wordpress」を配置します。

WordPress のインストール

デフォルトではフォルダ名(ディレクトリ名)が "wordpress" となっているので、必要に応じて名前を変更します。

例えば「wp5」という名前にして配置する場合、インストール後に WordPress にアクセスするには「http://localhost/wp5/」へアクセスします。

WordPress のファイル

WordPress のファイル
ファイル/ディレクトリ 説明
wp-admin 管理画面に関するファイルを格納するディレクトリ
wp-content テーマやプラグインなどに関するファイルを格納するディレクトリ
wp-includes WordPress システム全般に関するファイルを格納するディレクトリ
.htaccess WordPress インストール後に生成される .htaccess ファイル
index.php サイトにアクセスがあった場合に、最初に読み込まれるファイル(インデックスファイル)
license.txt ライセンスに関するテキストファイル(サーバーにアップロードする必要なし)
readme.html WordPress のインストールや基本的な情報を記載したファイル(サーバーにアップロードする必要なし)
wp-activate.php ユーザーアカウントに関するファイル
wp-blog-header.php WordPress 環境に関連するファイルをロードするファイル
wp-comments-post.php コメント投稿に関するファイル
wp-config-sample.php インストール時にこのファイルを元に設定ファイルを作成することができるサンプルファイル。インストール後は wp-config.php という設定ファイルが生成される
wp-cron.php 擬似 cron ジョブ(ある種のスケジューリング機能)を担うファイル
wp-links-opml.php リンクの XML 出力に関するファイル
wp-load.php WordPress の動作や起動に関連するファイルをロードするファイル
wp-login.php 管理画面のログインに関するファイル
wp-mail.php メールによるブログ投稿用ファイル
wp-settings.php WordPress の基本設定に関するファイル
wp-signup.php ブログ名やユーザー名などの設定に関するファイル
wp-trackback.php トラックバックと Ping 送信用ファイル
xmlrpc.php XML-RPC 通信に関するファイル

WordPress のインストール

ブラウザで、配置した WordPress (デフォルトのままの場合は http://localhost/wordpress/ この例では http://localhost/wp5/)へアクセスします(URL は配置した WordPress のディレクトリ名に合わせて変更して下さい)。

以下の画面が表示されたら「さあ、始めましょう!」をクリックします。

WordPress のインストール

データベースの作成の際にメモした情報を入力して「送信」をクリックします。「テーブル接頭辞」はデフォルトのままで OK です。

  • データベース名:設定したデータベースの名前
  • ユーザー名 :root(デフォルトでインストールした場合)
  • パスワード:なし(非推奨:デフォルトでインストールした場合)
  • データベースホスト名:localhost

WordPress のインストール

テーブル接頭辞

  • WordPressの初期インストール時の設定にある「テーブル接頭辞」はデータベースのテーブル名の名称の頭につく識別子
  • 1つのWordPressサイトに対して必ず1つの接頭辞が設定され、初期値は"wp_"となる
  • テーブル接頭辞の設定は、同じデータベースに複数のWordPressをインストールする場合に用いられる
  • (同じデータベースに、WordPressを追加する場合は wp2_ などとしてテーブルを区別する)
  • レンタルサーバーでデータベースを1つしか持てない場合などに使用する
  • データベースを複数持てる場合は、接頭辞設定を使わず、データベースを分けたほうがよい
  • マルチサイト機能では、この接頭辞の設定を内部的にうまく使って複数のWordPressサイトを1つのデータベースで管理する場合もある

以下の画面が表示されたら「インストール実行」をクリックします。

WordPress のインストール

以下の画面が表示されるので、作成するサイトのタイトルとなる「サイトのタイトル」、管理画面にログインする時に使用する「ユーザー名」「パスワード」と「メールアドレス」を入力します。(これらの設定はインストール完了後に「一般設定」で変更可能です。)

ユーザー名は一般的に使われている「admin」を使用するとセキュリティ的に重大な問題があるので必ず「admin」以外の推測されにくい名前を設定します(後から簡単には変更できません)。ユーザー名には、半角英数字、スペース、下線、ハイフン、ピリオド、アットマーク (@) のみが使用できます。

パスワードは可能な限り複雑なパスワードを設定します(簡単に推測されるようなパスワードは設定しない)。

また検索エンジンで検索されたくない場合は「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする。」の左側にあるチェックボックスにチェックをします。

「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする。」にチェックを入れると、生成される HTML の head 内に <meta name='robots' content='noindex,follow' /> が挿入されます。この指定は後から「表示設定」で変更可能です。
(参考:noindex,follow

「WordPress をインストール」をクリックします。

WordPress のインストール

問題なくインストールされると、以下のような画面が表示されるので「ログイン」をクリックします。

WordPress のインストール

以下のような画面が表示されるのでユーザー名とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

WordPress のインストール

以下のような管理画面が表示されます。

WordPress のインストール

上部左側にあるナビゲーションの「サイト名(サイトのタイトル)」 にマウスを置き、「サイトを表示」をクリックしてます。

WordPress のインストール

以下のようなサイトが表示されたらインストール完了です。デフォルトのテーマ(Twenty Nineteen)を使ったサイトが表示されます。

WordPress のインストール

WordPress のテーマ

WordPress ではテーマと呼ばれるファイル群(ファイルの集まり)を使ってサイトを表示しています。

使用しているテーマを別のテーマに変更すれば、異なる見た目の Web サイトに切り替わるようになっています。

WordPress をインストールした直後にサイトにアクセスすると、WordPress のデフォルトのテーマ(この例の場合は Twenty Nineteen)が有効になっているため、そのデザインで Web サイトが表示されます。

メインナビゲーションメニューで「外観」→「テーマ」を選択すると、現在インストールされているテーマが表示されます。現在適用されているテーマには「有効」と表示されています。

WordPress のデフォルトのテーマ

テーマを切り替えるには、使用したいテーマにマウスを合わせると、「有効化」と言うボタンが表示されるので、それをクリックします。

WordPress のテーマの切り替え

テーマの構成

WordPress にインストールされているテーマは、WordPress をインストールしたディレクトリの中の wp-content フォルダ内の themes フォルダにあります。メインナビゲーションメニューで「外観」→「テーマ」で表示されたテーマのフォルダが格納されているのがわかります。

WordPress のデフォルトのテーマフォルダ

インストールが完了したら、初期設定を行います。「WordPress の初期設定